Company

会社概要

社会を守っていく使命感の下社員達が働きやすい環境へ

工事現場での交通誘導、イベント会場での歩行者誘導や迷子のお子様への対応など、このように人々の安全をお守りすることで社会貢献ができるやりがいが、警備員の仕事にはございます。その分相応の責任感と事故を起こさないための集中力が必要になるものの、社会に必要とされているといった感覚をダイレクトに得られやすいこの仕事は、何か仕事でやりがいを求めている方には適性があるかもしれません。いわき市で実施中の求人へは経験者様はもちろん優遇ながら、未経験の方も三日間の法定研修を用意しているため、安心してご応募ください。

ミドル世代以上の方も未経験から挑戦でき、さらに定年退職後の新しい仕事としてもやりがいをもって取り組んでいただけます。代表自身の十数年の警備員経験を活かし、契約社員・正社員共に全員が安心して働いていけるような、各々の個性を活かした働き方を応援する風通しの良い職場環境の整備に努めてまいります。そのために、常に社員達一人ひとりの意見にしっかり耳を傾け、職場環境に反映させることで、より働きやすい環境へとブラッシュアップいたします。

Company

警備スタッフ全員が意欲的に安全を守る業務に地元で従事できる

株式会社ISP警備

住所 〒970-8026
福島県いわき市平字新川町57番地 コーポアスカテナント101号室
電話番号

0246-21-3571

0246-21-3571

FAX番号

0246-84-9899

営業時間

8:00 〜 17:00

※時間外でもお問い合わせ可能

定休日

なし

アクセス

工事現場で作業員の皆様が安心して作業できるように、通行人の皆様が安心して工事現場の側を通行できるように、しっかり交通誘導を行う責任感がこの警備の仕事には伴います。同様に、イベントで多くの人が密集している中で、何かしらのトラブルや混雑が最小限にできるよう、歩行者誘導を担う責任感も必要です。だからこそのやりがいがこの仕事にはあり、地元・いわき市で募集中の契約社員の求人へご応募くださった方々全員が、イキイキと警備員として勤務できるよう、環境整備に力を入れてまいります。

陰ながらトラブルの発生を未然に防ぐ警備員としてイキイキと働く

工事現場やイベント会場での事故やトラブルを回避へ

一言で警備員といっても、その警備対象や現場は実に千差万別です。例えば「ガードマン」と呼ぶにふさわしい要人警備や現金輸送車の警備には相応の格闘術や柔術の心得と心の強さが求められ、施設の常駐警備においては監視カメラや見回りなどといった仕事を、異常がないことに慣れてしまうことなく、万が一の異常発生時にフレキシブルに警備員として対応していく責任感が求められます。そしていわき市内の勿来地区・平地区などの現場を中心に請け負っているのが、工事現場での交通誘導や、イベント現場での歩行者誘導などの警備業です。

この二種類の現場で活躍していただく警備スタッフを、契約社員・正社員待遇で求人するにあたり、責任感のない方にはこの仕事はお任せできません。万が一の際には工事現場で交通事故が発生することもあり、またイベント会場ではご来場者様同士の喧嘩や混雑などが発生する可能性もございます。これらの発生を未然に防ぎ、人々の安心と安全を守っていく責任感が、この仕事には必要です。工事現場の作業員並びに近隣を通行する方々の安全をお守りし、イベント会場の皆様が心からイベントを楽しんでいただけるよう警備するといった、責任感とやりがいのあるこの仕事に共に従事していきませんか。

風通しが良く社員達がのびのびと警備できる職場環境へ

代表自身が警備スタッフとして十数年間もの長きに亘って、現場で働いてきた経験が豊富にございます。その間、「この待遇はすごく嬉しかった」「この対応には改善の余地があるのではないか」など、このような良いところも好ましくないところも、実感しながら警備業務に励んでまいりました。このときの経験を活かし、社員達がのびのび働ける理想的な警備職環境を創り上げるといった理念の元、警備会社を創業いたしました。そのオープニングスタッフを、いわき市で契約社員・正社員待遇で求人しております。

この「社員達がのびのびと働ける職場環境」といった定義は、人によって十人十色です。だからこそ、代表一人の価値観だけで環境整備を進めるのではなく、加えて社員達が日頃どのような想いで警備の仕事をこなしているのか、しっかり耳を傾けていくことを大切にいたします。こうして意見をボトムアップしていき、それらを可能な限り職場環境の改善に反映できるよう努めてまいります。そのために代表との距離感も近く、堅苦しくない話しやすい空気を意識し、家族・恋人の誕生日・結婚記念日などに有休が取れる独自の「アニバーサリー休暇」や、社会保険などの福利厚生も充実させ、環境整備を進めていきます。

Photo Gallery

フォトギャラリー